アルコール依存症

アルコール依存症
アルコールの常習飲酒の段階を通り越すと、アルコールが切れてきたときにふるえがでてきます。
これがアルコール依存症です。
アルコール依存症の期間が長引いてくると、絶えず手がふるえるようになってしまいます。

前の記事

甲状腺機能亢進症