肘部管症候群

肘部管症候群は、初期は小指と薬指の一部にしびれた感じがでる病気です。
進行すると手の筋肉がやせてきたり、小指と薬指まっすぐに伸びないかぎ爪指変形がおきてきます。
筋力が低下すると、指を閉じたり開いたりできなくなります。

前の記事

手根管症候群

次の記事

胸郭出口症候群