感染性胃腸炎

感染性胃腸炎の原因の多くは、ウイルスや細菌などが付着した状態で食品や水分を摂取することによる感染です。
夏季には細菌性腸炎が、冬から春にかけてはウイルス性腸炎が多く発生します。

前の記事

急性胃炎

次の記事

胃潰瘍