薬剤性便秘

薬の副作用が原因で起こる便秘を薬剤性便秘といいます。
抗うつ薬、抗コリン薬、せき止めなどは大腸のぜん動運動などが抑制されて便秘になることがあります。 また、下剤の乱用などが挙げられます。

前の記事

症候性便秘

次の記事

手足口病