胃腸炎

吐き気が続く原因としてもっとも多いのが胃腸炎です。
胃腸炎とは、なんらかの原因により、胃や小腸、大腸に炎症が起こり、下痢や腹痛を起こす疾患の総称です。
原因には食べ過ぎ、刺激物の摂りすぎ(脂肪分、アルコール、辛いものなど)、感染(最近やウイルスなど)、ストレス、自己免疫や炎症性腸疾患(IBD)などさまざまな原因があります。

前の記事

腓骨神経麻痺

次の記事

急性胃炎