骨粗しょう症

骨粗しょう症は、主に加齢によりカルシウムが流出して骨密度が減り、骨折しやすくなる病気です。
椎骨は特に影響を受けやすく、圧迫骨折が起こると脊髄神経根が圧迫されて、腰や背中が慢性的に痛くなります。
原因のひとつに、閉経により、骨がカルシウムを吸着する助けをするなエストロゲンの分泌量が減少することが挙げられます。

前の記事

腰部脊柱管狭窄症

次の記事

筋・筋膜性腰痛