急性心不全

さまざまな原因で心臓の機能が低下し、全身の血液の流れが滞った状態を心不全といいます。
つまり、心不全とは、病名ではなく「状態」のことです。
急性心不全は、急性心筋梗塞や心臓弁膜症、拡張型心筋症、甲状腺機能亢進症などが原因で発症します。。
症状としては、突然、激しい呼吸困難が現れ、同時に咳と痰が出ます。心臓の機能が急に弱まることで、血圧が維持できなくなり、低血圧が急激に進み、ショック状態となります。
急性心不全は、命にかかわる緊急を要する病気です。すぐに救急車を呼ぶか、病院へ連れて行く必要があります。

次の記事

誤嚥性肺炎